プール監視員に応募するなら知っておくべき対処方法

意外と知らないプール監視員とは

意外と知らないプール監視員とは

溺れている人を発見した際の対処方法

  • 救助活動は周囲との協力が不可欠

    プール監視員のバイトで最も大切な仕事が人命救助です。自分が溺れている人を発見した場合は、緊急用の笛を鳴らして責任者である監視長に知らせましょう。それ以外の場合は監視長の指示に従い、迅速に的確な行動を取るようにします。溺れている人をプールから引き上げる方法も多数ありますので知っておきましょう。また救急車が来るまで「一時救命処置」をプール監視員が行います。意識の確認、呼吸の確認などの結果により取るべき行動が変わります。監視長の指示のもと、一丸となって救助をしましょう。

  • 迅速な応急処置を行う

    プール監視員のバイトをしていると、溺れてしまった人へ応急処置をする必要がある状況になるかもしれません。まずは意識があるかどうかを確認し、意識がない場合は呼吸ができているかどうかの確認をします。呼吸ができていない場合は心肺停止状態であると判断をして応急処置を行います。気道確保、心臓マッサージ、人工呼吸など、するべきことはたくさんあります。医者や救急隊員などが到着するまでは、プール監視員が命を守る必要があります。正しい応急処置を繰り返し行いましょう。

  • プールでAEDを使用するときの注意点

    溺れてしまった人が心肺停止状態になってしまった時に「AED」を使用する場面が来るかもしれません。プール監視員のバイトをするなら、AEDの使用方法や注意点について知っておきましょう。電気を流せる状態にして、音声メッセージに従って作業を行います。プールサイドではAEDの電気を流す時に様々な注意点がありますので注意しましょう。またAEDの使い方を学べる講習会が様々な場所で開催されていますので、プール監視員のバイトを始める前に参加をするのもおすすめです。

こちらも読んでみては?

  • 採用後の研修内容採用後の研修内容

    プール監視員のバイトは、採用後に事前研修を行います。事前研修では人命救助の方法を中心に学んでいきます。具体的には「心臓マッサージ」や「人工呼吸」の方法、「AED」の使用方法について学びます。溺れている人をプールから引き上げる方法や、仲間と連携するための笛やフラッグの使い方も学びます。大きな声を出せるようにするための「声出し」のレッスンも行います。また泳ぎのレッスンや基礎体力を付けるためのトレーニングも行います。

  • 人との出会いの多さが魅力人との出会いの多さが魅力

    プール監視員の魅力を紹介します。プール監視員のバイトは若い男女が中心になります。同世代の多くの仲間と一緒にバイトをすることができるため、友達をたくさん作ることができるでしょう。また女性のスタッフも多く働いていますので、恋人を作りたい人にも魅力的なバイトと言えそうです。水泳が好きという共通点もありますし、夏のプールという絶好の環境の中で友達や恋人を作り、楽しいバイト生活を送りましょう。

  • 迅速な応急処置を行う迅速な応急処置を行う

    プール監視員の仕事の中で最も重要なことが人命救助です。溺れてしまった人に応急処置をして、いかに早く蘇生をさせるかが勝負になります。まずは意識があるかどうか、呼吸ができているかなど溺れている人の状態を調べましょう。心肺停止状態になってしまっている場合は、心臓マッサージや人工呼吸をして蘇生を行います。何人かのスタッフがいる場合は交代で行い、間を空けずに応急処置を続けるようにしましょう。