プール監視員として働くために

意外と知らないプール監視員とは

意外と知らないプール監視員とは

夏はプール監視員として働こう

  • 初心者は市民プールから

    プール監視員のバイトは、プールを見て椅子に座っているだけの楽な仕事と決めつけないようにしましょう。何もトラブルが起こらない時は、確かに楽なバイトと言えます。しかし溺れてしまう利用客が出た時や利用客同士がケンカをするなどのトラブルが起きた時は、救命処置を行う必要や体を張って仲裁をする必要があります。プール監視員のバイトの初心者の場合は、まずは市民プールなどの公営プールを勤務地に選ぶとトラブルが起こりにくいのでおすすめです。

  • 気になる面接時の服装

    プール監視員のバイトの面接に臨む時は、服装に注意をしましょう。スーツ姿で参加をする必要はありません。運動神経が良くスポーティで、さらに爽やかで真面目な印象を与えるような服装がベストです。具体的には白のポロシャツにチノパンの組み合わせが良いでしょう。髪色は黒が基本です。男性はなるべく短く髪をカットし、女性は長い場合は後ろでまとめるようにしましょう。アクセサリーやネイルアートは禁止ですので、面接でも外して参加をするようにしましょう。

  • 求人サイトを利用したバイト探し

    プール監視員のバイトの求人情報を集める時には、ネット上の「求人サイト」を利用すると良いでしょう。求人サイトを利用する時は、地域に特化しているサイトや、職種や業界に特化しているサイトなどを選ぶと良いでしょう。また運営会社がしっかりしている求人サイトを選ぶと安心です。求人サイトの検索機能を使えば、プール監視員の求人情報を絞り込むことも容易です。また応募フォームを使い、直接バイトに応募できる求人サイトもありますので利用してみましょう。

  • 採用後の研修内容

    プール監視員のバイトは利用客の命を預かる仕事ですので、事前研修を行って人命救助に必要なノウハウを学びます。「心臓マッサージ」や「人工呼吸」、「AED」の使い方などを中心に研修を受けます。また周囲のスタッフと連携をして人命救助をするために、「声出し」のレッスンをするケースもあります。トレーニングとして水泳のレッスンや筋力トレーニングなどを行う職場もあります。いざという時に動けるために、事前研修で完璧にこなせるようになりましょう。

こちらも読んでみては?

  • 採用後の研修内容採用後の研修内容

    プール監視員のバイトは、採用後に事前研修を行います。事前研修では人命救助の方法を中心に学んでいきます。具体的には「心臓マッサージ」や「人工呼吸」の方法、「AED」の使用方法について学びます。溺れている人をプールから引き上げる方法や、仲間と連携するための笛やフラッグの使い方も学びます。大きな声を出せるようにするための「声出し」のレッスンも行います。また泳ぎのレッスンや基礎体力を付けるためのトレーニングも行います。

  • 人との出会いの多さが魅力人との出会いの多さが魅力

    プール監視員の魅力を紹介します。プール監視員のバイトは若い男女が中心になります。同世代の多くの仲間と一緒にバイトをすることができるため、友達をたくさん作ることができるでしょう。また女性のスタッフも多く働いていますので、恋人を作りたい人にも魅力的なバイトと言えそうです。水泳が好きという共通点もありますし、夏のプールという絶好の環境の中で友達や恋人を作り、楽しいバイト生活を送りましょう。

  • 迅速な応急処置を行う迅速な応急処置を行う

    プール監視員の仕事の中で最も重要なことが人命救助です。溺れてしまった人に応急処置をして、いかに早く蘇生をさせるかが勝負になります。まずは意識があるかどうか、呼吸ができているかなど溺れている人の状態を調べましょう。心肺停止状態になってしまっている場合は、心臓マッサージや人工呼吸をして蘇生を行います。何人かのスタッフがいる場合は交代で行い、間を空けずに応急処置を続けるようにしましょう。