求人に応募する前に!安全を守るプール監視員の仕事を知る

意外と知らないプール監視員とは

意外と知らないプール監視員とは

プールの安全を守る仕事

  • 監視だけではない仕事内容

    プール監視員と言うと、プールサイドにある高い椅子に座っているだけの仕事だと思う人もいるでしょう。しかしプールという施設に関する様々な作業を行うバイトの総称がプール監視員です。チケットの販売やプールの掃除などの様々な作業も行います。最も大切な仕事はプールの監視で、人命救助が目的になります。また施設内をパトロールして不審な人がいないかどうかをチェックすることも大切な仕事です。様々なトラブルが起こりやすい場所ですので、そのすべてに対応をしていきます。

  • いざという時に必要な心構え

    プール監視員のバイトを始める前に知っておくべき「心構え」があります。プール監視員の仕事は、人命救助が最大の目的になります。利用客が安全に家に帰れるか、大変な事故を起こしてしまうかは、プール監視員の行動次第だという心構えを持ちましょう。多少大げさに聞こえるかもしれませんが、いざという時に的確な行動ができるためには、研修や講習の段階から人命救助に対する真剣な気持ちと強い心構えで臨むことが大切になるからです。

  • 人との出会いの多さが魅力

    プール監視員のバイトにはたくさんのメリットがあります。まずは出会いの多さです。プール監視員のバイトスタッフは若い人が中心で、男女比もバランスが良いという特徴があります。友達作りはもちろん、恋人との出会いの場としても優秀です。また水着で仕事をするという点からも、夏を満喫しやすい環境です。いつの間にか夏が終わってしまったということは、プール監視員のバイトをしていれば絶対にありません。また時給が高めですので、夏休みを利用してまとまったお金を稼ぐことも可能です。

  • 市民プールとレジャープールの違い

    プール監視員のバイトは「公営プール」で働くか「レジャープール」で働くかで仕事内容がかなり変わります。公営プールとは市区町村の自治体が運営しているプールで、小規模なところが大半です。利用客が少ないので仕事が比較的楽です。レジャープールは遊園地などが夏季限定で営業する巨大プールのことです。気分が高揚した利用客が多く、監視をする対象の数も多いので仕事的には大変です。しかしバイトの人数も多いため出会いも多く、バイトに採用されやすいというメリットもあります。

こちらも読んでみては?

  • 採用後の研修内容採用後の研修内容

    プール監視員のバイトは、採用後に事前研修を行います。事前研修では人命救助の方法を中心に学んでいきます。具体的には「心臓マッサージ」や「人工呼吸」の方法、「AED」の使用方法について学びます。溺れている人をプールから引き上げる方法や、仲間と連携するための笛やフラッグの使い方も学びます。大きな声を出せるようにするための「声出し」のレッスンも行います。また泳ぎのレッスンや基礎体力を付けるためのトレーニングも行います。

  • 人との出会いの多さが魅力人との出会いの多さが魅力

    プール監視員の魅力を紹介します。プール監視員のバイトは若い男女が中心になります。同世代の多くの仲間と一緒にバイトをすることができるため、友達をたくさん作ることができるでしょう。また女性のスタッフも多く働いていますので、恋人を作りたい人にも魅力的なバイトと言えそうです。水泳が好きという共通点もありますし、夏のプールという絶好の環境の中で友達や恋人を作り、楽しいバイト生活を送りましょう。

  • 迅速な応急処置を行う迅速な応急処置を行う

    プール監視員の仕事の中で最も重要なことが人命救助です。溺れてしまった人に応急処置をして、いかに早く蘇生をさせるかが勝負になります。まずは意識があるかどうか、呼吸ができているかなど溺れている人の状態を調べましょう。心肺停止状態になってしまっている場合は、心臓マッサージや人工呼吸をして蘇生を行います。何人かのスタッフがいる場合は交代で行い、間を空けずに応急処置を続けるようにしましょう。